ルーティーのヘアオイルの匂いは?乾いた髪にも使えるの?

ヘアオイルでヘアケア 美容
[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

ルーティのヘアオイルの匂いは、柑橘系の香りがします。
レモンやオレンジなどの果物の香りです。

この香りはつけたときと時間がたったときで違います。
髪につけたときは、さわやかで元気になるような香りです。
時間がたつと花の香りに変わります。
花の香りは女性らしくて上品な香りです。
最後に残るのは、木の香りです。
木の香りは、落ち着いてリラックスできるような香りです。

ルーティのヘアオイルは、これらの香りをうまく合わせています。
だから、一日中いい香りがするんですよ。

良い香りがすると気分が上がりますよね♪

ルーティのヘアオイルは、髪の状態によって選べる種類があります。
「スムース」と「モイスト」です。

「スムース」は髪にふんわり感を出したい人におすすめです。
「スムース」は、柑橘系の香りが強いです。
「モイスト」は、髪にしっとり感を出したい人におすすめです。
「モイスト」は、花の香りが強いです。
どちらもいい香りですが「スムース」は暖かい季節に、「モイスト」は寒い季節に合います。

自分の好みや季節によって選んでくださいね。

このヘアオイルは髪を潤すだけでなく、香りも楽しめる素晴らしいアイテムです。
ぜひ一度お試しください。

\\▼公式サイトはこちらをクリック▼//
すべての髪を美しく導く魔法のヘアオイル
【LUTY(ルーティー)ヘアオイル】

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ルーティのヘアオイルは乾いた髪にも使える?

ルーティーのヘアオイルは乾いた髪にも使えます。
少量を手のひらに取り毛先を中心になじませると、髪に軽い油分がついて静電気や広がりを防ぎます。
さらに仕上がりが良くなります。
ルーティーのヘアオイルは髪の内側から潤いを与えて、髪本来の美しさを引き出すことができます。

もちろん濡れた髪にも使えます。
タオルドライした髪には水分が残っているので、オイルが髪の内部に浸透しやすくなります。
ドライヤーで乾かすことでオイルが髪の表面をコーティングし、ダメージや乾燥から守ります。

またルーティーのヘアオイルは親水性が高いので、ドライヤーの乾きが早くなるんですよ。
さらに、仕上げに少量のオイルをつけると、髪のまとまりや手触りが良くなります。

ルーティのヘアオイルの効果的な使い方は?

LUTYのヘアオイルの使い方は簡単です。

ルーティーのヘアオイルは、髪が濡れた状態で使うのが基本です 。
シャンプーやコンディショナーで髪を洗った後、タオルドライして水気を切ります。
その後、適量のオイルを手に取ります。
手のひらでオイルを温めてから、毛先を中心に髪全体になじませます。
根元や頭皮にはつけすぎないように注意して、乾燥やパサつきが気になる部分にはしっかりと馴染ませます。

髪にオイルをつけたらブラシやコームで髪をとかします。
これでオイルが髪全体に行き渡るので大事なポイントです。
ブラシやコームは、髪に優しい素材や形状のものを選んでくださいね。

ドライヤーでしっかりと根元から毛先まで乾かします。
ドライヤーで乾かすことでオイルが髪の表面をコーティングし、ダメージや乾燥から守り、髪に輝きを与えます。

仕上げに少量のオイルを手のひらに取り髪の表面に軽くなじませます。
これで、髪のまとまりや手触りが良くなります。
この方法で使うと髪がサラサラでツヤツヤになりますよ。

ルーティのヘアオイルがおすすめの人は?

髪のまとまりがなくてうねりや広がりが気になる方には、ルーティのヘアオイルがおすすめです。

ルーティのヘアオイルは、髪に潤いとツヤを与える天然由来成分が豊富に配合されたヘアケア商品です。
髪に軽い油分をつけることで、静電気や広がりを防ぎ、髪のまとまりや手触りを良くします。
また、毛先のパサつきや全体的なツヤのなさも改善してくれます。
カラーやパーマでダメージを受けた髪にも優しく、髪の保護や修復にも効果があります。

30代や40代の女性はカラーやパーマなどで髪にダメージがたまっていたり、髪の老化や白髪が気になっていたり。
髪の悩みも多いですよね。
そんな方には、ルーティのヘアオイルがぴったりです。

髪の悩みを解決して美しい髪を手に入れてくださいね。

 

\\▼公式サイトはこちらをクリック▼//
すべての髪を美しく導く魔法のヘアオイル
【LUTY(ルーティー)ヘアオイル】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
美容
ゆうをフォローする
楽しい暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました