ザセムのコンシーラーは乾燥する?クマ隠しに使える?色の選び方も紹介!

メイクグッズ 美容
[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

ザセムのコンシーラーは、カバー力が高いけれども乾燥しやすいというデメリットがあります。
そこで、乾燥を防ぐための使い方や対策について説明します。

まず、ザセムのコンシーラーは保湿をしっかり行うことが大切です。
コンシーラーは乾燥しやすいので、保湿をしておくことで乾燥を防ぐことができます。

保湿をするときは、化粧水や美容液などをたっぷり塗ってください。
これらのスキンケア用品は、肌に水分を与えることでコンシーラーの伸びや密着度を良くする効果があります。

また、保湿クリームやオイルなども使ってください。
保湿クリームやオイルは肌に水分と油分を与えることで、コンシーラーの密着度を高める効果があります。
保湿クリームやオイルは少量で十分です。
多く入れすぎると、コンシーラーのカバー力が低下したり化粧崩れしやすくなったりします。

また、ザセムのコンシーラーはファンデーションと混ぜて使用することもおすすめです。
ファンデーションと混ぜることで、カバー力はそのままにコンシーラーが乾燥しにくくなります。

ファンデーションと混ぜるときはコンシーラーとファンデーションの比率を調整してください。
コンシーラーとファンデーションの比率は、1:1から1:2くらいが目安です。
多いと厚塗り感が出やすくなりますし、少ないとカバー力が不足してしまいます。
コンシーラーを直接肌に塗ると厚塗り感が出やすくなりますので
コンシーラーとファンデーションを混ぜるときは、手の甲などに取ってよく混ぜてから塗って下さいね。

ザセムのコンシーラーは上記のような方法で乾燥も防ぐことが出来ますし、カバー力が高くてプチプラなのでぜひ試してみてください。

\\▼公式サイトはこちらをクリック▼//
日本唯一のオフィシャルショップ!【ザセム公式オンラインショップ】

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

セザムのコンシーラーはクマ隠しに使える?

ザセムのコンシーラーは、カバー力が高くて人気の商品ですが、クマ隠しにも効果的です。
クマ隠しには、自分の肌色やパーソナルカラーに合わせてコンシーラーの色や種類を選ぶことが大切です。

ザセムのコンシーラーには10種類以上の色がありますが、クマ隠しには青みや茶色みを中和するカラーがおすすめです。
青みのあるクマには明るめのカラーでオレンジやピンクなどの赤みを含むカラーを選びましょう。
茶色みのあるクマには暗めのカラーでイエローやベージュなどの黄みを含むカラーを選びましょう。

コンシーラーを塗る前には、目元に保湿クリームやアイクリームなどを塗っておきましょう。
保湿することでコンシーラーの伸びや密着度を良くする効果があります。

ザセムのコンシーラーの色の選び方を紹介!

ザセムのコンシーラーの色の選び方は自分の肌色やパーソナルカラー、隠したい肌悩みに合わせて決めることが大切です。

自分の肌色は、明るいか暗いか、黄みがかっているか青みがかっているかで判断します。
明るい肌色には0.5号から1.5号までのカラーがおすすめです。
暗い肌色には1.75号から3号までのカラーがおすすめです。
黄みがかった肌色にはイエローを含んだカラーが、青みがかった肌色にはピンクを含んだカラーがおすすめです。

自分のパーソナルカラーは、春夏秋冬の4タイプに分けられます。
春タイプと秋タイプはイエベ(黄み肌)で、夏タイプと冬タイプはブルベ(青み肌)です。
春タイプと夏タイプは明るい色が、秋タイプと冬タイプは暗い色が似合います。

春タイプにはオレンジやピーチなどの暖色系、夏タイプにはピンクやラベンダーなどの寒色系、秋タイプにはブラウンやベージュなどの落ち着いたカラー、冬タイプにはブルーやパープルなどの鮮やかなカラーがおすすめです。

隠したい肌悩みは、シミやそばかす、クマ、ニキビや赤みなど様々です。

シミやそばかすを隠したい場合は、肌色よりも1トーン暗めのカラーを選びましょう。
クマを隠したい場合は、肌色よりも1トーン明るめのカラーを選びましょう。

クマの種類によっても適したカラーが異なります。
青クマには赤みを含んだカラーが、茶クマにはイエローやベージュなどの黄みを含んだカラーが、黒クマには茶クマよりも暗めのカラーがおすすめです。

ニキビや赤みを隠したい場合は、グリーンベージュなどの緑みを含んだカラーがおすすめです。

ザセムのコンシーラーはカバー力が高くてプチプラなのにとても優秀なのでぜひ試してみてくださいね♪

\\▼公式サイトはこちらをクリック▼//
日本唯一のオフィシャルショップ!【ザセム公式オンラインショップ】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
美容
ゆうをフォローする
楽しい暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました